ホルモンに由来する病気の治療を行う方法とは

早めの治療を受けるため確認すべきこと

更年期とは

更年期とはどんなもの

更年期と聞くと病名のように感じる方も多いかもしれませんが、45〜55歳の一時期のことを更年期と呼びます。人によって期間に差がありますが、その時期に閉経が起きる人が多いということと、疲れがとれにくくなったり、髪質や肌質に変化が出たり、覚えが悪くなったりとさまざまな体や心の変化を感じる人が多くなります。 40代後半になると女性ホルモンが急激に減少し始め、自律神経が乱れ更年期特有の症状があらわれます。その更年期特有の症状のことを更年期障害と呼び、病院で治療する程でもない軽い症状のことを更年期症状と区別して呼んでいます。 更年期に症状が出るのは平均2〜3年程だと言われています。長い人で5年ぐらい症状が続くこともあるということです。

症状の予防と対策について

更年期において自律神経が乱れるとともに、加齢によって感覚器官にも変化がでて耳鳴りやめまいが症状として起こる場合があります。めまいの主な症状とは、ふわふわと浮かんでいるような感覚になるめまいが中心です。 また耳鳴りはあまり症状が重くならないことが多く、静かな時にキーンとかサーなどという音がするという人が多いです。 更年期の耳鳴りやめまいは時が経てば治ることが多いので、自然にしておくのが良いということです。 それからストレスや過労が原因で耳鳴りやめまいが起きることが多いので、ストレスを溜め込まないようにしてよく睡眠をとることを心がけましょう。 休日にはゆっくりと散歩などをすると副交感神経が優位になるので、自然散策などでリラックスをしましょう。